もうすぐハロウィンですねー

今年ももうすぐハロウイーンですね!

ハロウイーンとは、10月31日に行われ、キリスト教で毎年11月1日に、あらゆる聖人を記念する祝日(諸聖人の日)の前夜祭のこと。

秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭りがハロウイーンです。

ハロウイーンはいつ始まった?

ハロウイーンは、古代ケルト民族の祭りが起源らしいです。

ハロウィンは毎年10月31日に開催されます。

カトリック教会で祝われている「諸聖人の日」が11月1日で、

この前夜に行われるお祭りのため10月31日なのですね。

なぜ、こんな時期に?

諸説ありますが、古代ケルト人は1年を、「明暗という期間」で考えていたようです。

10月31日の夜は、「暗い期間」の始まりを意味し、

赤々とかがり火を焚いて、新しい年を迎えました。

農作物の収穫もすみ、これから来る冬に備えるという意味があったようです。

活動のできない冬に備えて充分な食料を確保、収穫することは、

生死を左右することでした。

この時期以降、暗く長い夜、「暗い期間」に大きな不安を抱いていたかもしれません。

ハロウイーンで用いる焚き火は、暗い期間を明るく照らし、

不安を払拭するために用いるようになったかもしれませんね。

またハロウイーンは、アイルランド系の移民などによって

アメリカに持ち込まれた習慣なのですが、アメリカが本場とも言われています。

ハロウイーンの日は、

ハロウイーンを象徴するジャック・オー・ランタン(かぼちゃをくり抜いて作られた提灯)、ガイコツ、クモの巣などで街が飾りつけられます。

ハロウイーンの夜になると、子どもたちはそれぞれに仮装し、

「トリック・オア・トリート」と近所をまわり、お菓子をねだります。

訪問された家では、ハッピーハロウイーン!、

またはトリートと応え、子供たちにお菓子を上げます。

最近では日本でも、各地でイベントとして定着してきました。

地域、英会話教室などで行列、イベントが開催されているのを見かけるようになりました。

「ハロウィン・イベント 2018 地域」で検索すると、

多くのイベントがヒットします。

ただ、日本ではイベントとしては賑やかですが、

一般的なハロウイーンの習慣としては、まだ定着していないようです。

ハロウイーンの仮装

ハロウィンイベントの大きな楽しみが、仮装ですね。

ハロウィンは仮装イベントと誤解している人も多いかもしれません。

ハロウイーンの持つ宗教的な意味よりも、

コスチュームの文化のほうが大きな意味を持って、

受け入れられているかもしれません。

ハロウイーンの宗教的な意味も理解してイベントを楽しむと、

新しい楽しみ方も発見できるかもしれません。